日本イタリア料理教室協会
トップ 概要 活動レポート 入会案内 認定試験 全国のイタリア料理教室
 イベント情報
〜イタリアに関する、旬の情報をお届け!!〜
この秋から冬にかけてイタリア各地で開催される文化イベント情報です。
大好評のパルマ【コレッジョ展】の詳細をはじめ、イタリア政府観光局から届いた旬の情報をお届けします。

なお、下記のイベント情報は、イタリア政府観光局公式ホームページからもご覧いただけます。

★イタリア秋・冬のイベント情報★
コレッジョ展 パルマで開催中
CORREGGIO
パルマ:国立美術館、サン・パオロの部屋、
大聖堂、サン・ジョヴァンニ教会
Parma:Galleria Nazionale, Camera di S.Paolo,
Duomo, Chiesa di San Giovanni
2008年9月20日〜2009年1月25日
国立美術館コレッジョ展入口
大迫力!大聖堂では天井画を間近で鑑賞出来ます
©Regency Group
柔和な表情の聖母子画などで有名なルネッサンスの画家コレッジョ (本名アントニオ・アッレーグリ) のこれまでにない大々的な展覧会がパルマで開催中で、好評を博しています。
同時代のダ・ヴィンチやラッファエッロのような作風でありながら、比較的地味な存在であったコレッジョですが、メイン会場となる国立美術館 (ピロータ宮殿内) には世界各地から美しいコレッジョの名画が大集結。また、大聖堂 Duomo と、サン・ジョヴァンニ教会ではクーポラまで組まれた階段を登り、約20mの高さから手に取るような近さでクーポラに描かれたコレッジョの「聖母被昇天」(大聖堂)、「聖ヨハネの死」(サン・ジョヴァンニ教会) の大傑作を見ることが出来、圧巻です。この機会をぜひともお見逃しなく。
国立博物館とサン・パオロの部屋の入場は10ユーロ、大聖堂、サン・ジョヴァンニ教会のクーポラ天井画見学はどちらもガイド付きでそれぞれ5ユーロ。4会場共通入場料は15ユーロです。オープン日時は会場により違いますので、上記ホームページでご確認下さい。
カナレット展
CANALETTO - VENEZIA E I SUOI SPLENDORI
トレヴィーゾのカーザ・デイ・カッラレージにて
Casa dei Carraresi - Treviso
2008年10月23日〜2009年4月5日
小運河の町トレヴィーゾにあるカ・デイ・カッラレージを会場に、ヴェネツィア絵画の巨匠カナレット展が開催されています。カナレットの作品が世界各地の美術館から集まり、またベルナルド・ベッロット、フランチェスコ・グアルディ、ミケーレ・マリセキ等同じく18世紀イタリアで流行した風景画作品とともに展示されています。
本展のためにロンドンのナショナル・ギャラリーからはカナレットが共和国時代のヴェネツィアのサン・マルコ広場やカフェ・フローリアンなどを描いた貴重な風景画作品3点も貸与されています。
フォンターナ展
LUCIO FONTANA. LUCE E COLORE
ジェノヴァ、ドゥカーレ宮殿ドージェの部屋
Palazzo Ducale, Appartamento del Doge - Genova
2008年10月22日〜2009年2月15日
ジェノヴァのドゥカーレ宮殿で、ルーチョ・フォンターナの展覧会が、彼の光と色、新画材の追及に焦点をあてて開催されています。50年代の作品を含む約200点にのぼる作品や陶器をテーマごとに展示。その後のアートシーンにも影響を及ぼしたフォンターナの詩的で探究心に富んだ精神は、今も芸術の革新者であることを我々に物語っています。
アルベルト・ブッリ展
ALBERTO BURRI
ミラノ・トリエンナーレ Triennale di Milano
2008年11月11日〜2009年2月8日
デザインの殿堂ミラノ・トリエンナーレではアルベルト・ブッリの回顧展を開催。ブッリはルーチョ・フォンターナと並び20世紀イタリアを代表する前衛芸術家で、1950年代の主要作品や、未公開作品を含むその後の革新的なものまで、多角的に彼の制作活動を紹介します。イタリアでの公開は稀な『建築とサボテン』などの作品や、舞台装置のデザイン画、写真、ポスターなども展示され、ブッリが半世紀にわたり、新しい芸術を追い続けていたことを立証する展覧会となっています。
権力の女性達:カテリーナとマリア・デ・メディチ展
CATERINA E MARIA DE' MEDICI: DONNE AL POTERE
フィレンツェ ストロッツィ宮殿 Palazzo Strozzi - Firenze
2008年10月24日〜2009年2月8日まで
権力が男性の特権でもあった時代の、女性達の力や影響力を模索するという特別な視点からアプローチする展覧会。偉大なるメディチ家出身の二人の女性カテリーナ・デ・メディチとマリア・デ・メディチはそれぞれの夫の死後、知性と政治界とのつながりを武器に合法的に権力の座につきました。同展では、この二人のフランス女王に関わる調度品や絵画などの品々が展示され、芸術保護者としての彼女らの洗練された感性をもうかがい知ることができます。
点描画と光:マッキアイオーリ派絵画と写真展
MACCHIE DI LUCE. I MACCHIAIOLI E LA FOTOGRAFIA
フィレンツェ:フラテッリ・アリナーリ写真博物館
Museo Fratelli Alinari Fotografia - Firenze
2008年12月4日〜2009年2月15日
マッキアイオーリ派とよばれる点描画法の画家の中で最も有名なジョヴァンニ・ファットーリの没後100年文化催事のひとつとして同展は開催されます。ファットーリはリソルジメント時期に叙情的なマレンマの風景を描いた画家です。同展では、このマッキアイオーリ派絵画と、当時発明間もない写真との初の対比を試み、ファットーリや同じ派の画家シニョリーニ、ボッラーニの絵画と写真とが展示されます。
ブルーノ・ムナーリ展
BRUNO MUNARI
ローマ:アラ・パチス美術館 Museo Ara Pacis - Roma
2008年10月9日〜2009年2月1日
様々な分野で活躍したミラノ生まれの芸術家ブルーノ・ムナーリの展覧会がローマのアラ・パチス美術館で開催されています。 1940年代50年代の器具・装置デザインから50年代60年代の建築作品、そしてグラフィック作品が、年代別ではなくテーマごとに展示されており、ムナーリが異なる分野にも、共通する表現テーマをおいたことやその関連性などを理解することができるでしょう。
カポディモンテ美術館でルイーズ・ブルジョワ展
LOUISE BOURGEOIS PER CAPODIMONTE
ナポリ:カポディモンテ美術館 Napoli - Museo di Capodimonte
2008年10月18日〜2009年1月25日
ナポリで初のルイーズ・ブルジョワ展が彼女の作品約60点を展示して開催されています。一般初公開となる2点の『Cellセル』シリーズのインスタレーションも展示され、前世紀から現代までのブルジョワの制作活動の跡をたどることができます。彫刻を意識しながらも、様々な手法で独創的な作品を展開し、現代アーティストとしてのアイコンともなったブルジョワの世界をお楽しみ下さい。
地中海考古学観光トラベルマート開催
BORSA MEDITERRANEA TURISMO ARCHEOLOGICO
パエストゥム(カンパニア州サレルノ県)
Paestum-Salerno
2008年11月13〜16日
パエストゥムの古代ギリシャ遺跡
地中海エリアには多くの考古学遺跡が
古代世界や遺跡に関心ある方々向けのイベント「地中海考古学トラベルマート Borsa Mediterranea per il Turismo Archeologico」が今年もギリシャ遺跡の町パエストゥムで開催されます。最新技術を駆使したヴァーチャル古代遺跡展や古代フィルム展などをはじめ、地中海地域とその周辺各国の歴史にふれられる展示や催し物が予定されています。また、旅行業界向けのワークショップも同時開催され、日本からも招待された旅行代理店がイタリア各地の旅行業者との商談会に臨みます。